>

ネットの風評被害のきっかけ

普段の行動に気をつけよう

近年ネットの世界ではちょっとしたきっかけでもすぐに風評被害によってたたかれてしまうようになっています。
自分が芸能人や有名な著者、みんなから支持されている人に対して批評発言をしたり、悪い批判的な発言をネットの掲示板やSNSに書き込みをしたら、その人に憧れている人たちからにとっては許し難い気持ちになり、ネットの世界で喧嘩を売ってくる人も多くいると思います。
顔が見えない点、ネット上では何でも言える表現の自由はあるのですが、相手を不快な気持ちにしてしまっては連鎖反応で自分にも必ず不快な気持ちになってしまう言葉が返ってくるでしょう。
なので、いつも自分が発言してしまう内容はネット上に書き込まずに、相手を不快な気持ちにするような発言の挑発に乗らずに気を付けていきましょう。

あなたが身に覚えのない風評被害を受けたら

きちんと充実な生活を送っているあなたがいきなり、身に覚えのない風評被害を受けてしまったら突然のことでパニックになるでしょう。
もしそうなってしまった場合、どんな対応をすればいいのかすぐに落ち着いて対処してみましょう。
まずSNS上で自分の個人情報は守られているか、また流されている風評被害に偽りはないのか、そこをしっかりと把握しましょう。
もしその風評被害を見るのが苦痛である場合ならば無理をしないで警察などに相談をしてみましょう。
警察に手助けしてもらえることで今後あなたのまわりの安全をきちんと確保してくれることになるのでやってみて損はないと思います。
しかし警察の対応も完全ではないのも多いかもしれませんので、あなたの中でできる範囲で普段の日常生活に戻れるように対策もしてみましょう。


この記事をシェアする